3種類の生命保険

 
3種類の生命保険

前回もお伝えした通り、3種類の主な生命保険についてお話していきたいと思います。

『定期保険』
一定期間以内の死亡などに関して保険金が給付される生命保険の事です。
皆さんも一度は聞いた事があるとは思うのですが、いわゆる「掛け捨て」と呼ばれている保険です。

この保険は死亡の時のみ保障するようなので、例えば保険期間を満了した場合などは満期保険金はないです。
また、途中に解約を行った場合は解約返戻金は一般的には少ないと言われております。

『終身保険』
保険期間などを決めずに、生涯にわたり保障が行われる保険の事です。
死亡してしまった場合も、必ず保険金が支払われるしくみになっていますので、定期保険などと比べると、保障が行われる金額に対する保険料は割高になっています。

途中解約の場合は、解約返戻金が貰える事が多いですが、通常の場合は払い込んだ保険料の総額と比べると少なくなってしまいます。

『養老保険』
保険の期間内などに死亡してしまった場合に、保険金と満期の場合に生存していた時などは、満期返戻金として、保険金額と同じ額が支払われる事になります。

契約満了時に通常の場合、満期返戻金と配当金が支払われるため、私達が支払った保険料の額よりも多く受け取れる事から、「貯蓄型」とも呼ばれているようです。

これが3種類の生命保険の特徴です。参考にしてみて下さい。