生命保険の「保険料」と「配当金」

 
生命保険の「保険料」と「配当金」

生命保険で気になる事…それは「保険料」と「配当金」ではないでしょうか?

私たちが保険証書を取り出せば、保険会社に保険料を払うだろうが、その内訳のことを知っていますか?

一般に、生命保険の保険料は、2つからなります。
死亡保険金のように支払いに分配された「純保険料」および期日金から成る「付加保険料」とがあります。

これらの中で、純保険料は、統計データから予言されるすべての年齢あるいは性別に対する、死亡率(=予定死亡率)および保険料が使用される場合、期待することができる雇用利率など(=予定利率)に基づいて計算されます。

さらに、付加保険料は、保険料に保険事業を管理するために必要とされるコストを組み入れるレート(=スケジュール事業比率)に基づいて計算されます。

したがって、若い年齢の人(すなわち低い予定死亡率の人)の品物および予定利率が高かった時、さらにセキュリティの同じ内容によって売られた品物、通信販売などのようなビジネス・コストが、安値で終了する品物である場合、払うべき保険料はその分だけ安くなるでしょう。

それが保険料に現われるので、死亡者数が当初予測未満である場合の決算の後、雇用による多くの収入があります。