生命保険の基本概要

 
生命保険の基本概要

私達が安心して生活していくためには、「生命保険」に加入する事が必然ではないか?と思います。

私もそうですが、ただ生命保険と聞きましても、詳しくは知らない方の方が多いのではないでしょうか?
なのでそんな方達のために、ここでは生命保険の事について詳しく述べていきたいと思います。

【生命保険の基本概要】
生命保険ですが、人間の生命や傷病にかかわるような損失などに対して保障するものを目的とした保険です。
契約などの条件により、死亡等の所定の条件によって、保険者などが受取人に対して保険金を支払う事を約束するものの事をいうようです。

また、日本においての生命保険の始まりですが、日本では1868年に福沢諭吉によってこの制度が紹介されました。
その後の1881年(※明治14年)7月に、日本での一番最初の保険会社と言われている有限明治生命保険会社が開業されたようです。

しかし、当時ですが、「人の生死などを使って金儲けをするとはどういう事だ」という誤解が先行してしまったため、その普及には時間を要したようです。

また、生命保険ですが、主に分けると3つに分けられるそうです。
それは定期保険、終身保険、養老保険の3種類になります。
これらの3種類の保険については次回、詳しくご紹介していきたいと思います。