生命保険で節約できる術

 
生命保険で節約できる術

それでは前回とは逆に生命保険による保障額を減らしたいような時にはどうしたら良いか?

契約兌換制度(下取り)
現在の保険契約を取り消さずに、保障の新しい内容に変更することができるシステム。

保険金カット・システム
保険金額を縮小するシステム。
縮小した一部分および保険料の負担は減少します。
また、解約払い戻し金はカット部分に払われます。

保険を終了する支払いへの変更
保険料の支払いが止められ、起源へのその時の解約払い戻し金の現在の契約の保険金額だけが縮小されるかもしれないように、システムは変わりました。
通常、保険期間は変わりませんが、付属の特約が失われます。

取り消し&新規契約の追加
現在の保険は取り消されます。
別の有利な新規契約は行なわれます。
また、保障は担保付です。

では生命保険による保障額は変える事なく、保険期間を短期にするには?

延長保険への変更
保険料の支払いが止められ、起源へのその時の解約払い戻し金の現在の契約の保険期間だけが短くされるかもしれないように、システムは変わりました。
通常、保険金額は変わりませんが、付属の特約が失われます。

では支払いが困難な時はどうするか?

(自動的)変更貸付制度
保険会社が保険の解約払い戻し金の範囲内の別のものに保険料を払うシステム契約で作られます。
契約内容は変わる必要がないし、保険料を一時的に払う必要はありません。